森平区公会堂(掛川市)

東面
頬立てが建物の顔として通りからよく見えます。

東面
頬立てが建物の顔として通りからよく見えます。

南面
外観に深みを与える化粧梁。
外壁もそれに合わせて加工しました。

南面
外観に深みを与える化粧梁。
外壁もそれに合わせて加工しました。

東面
頬立てが建物の顔として通りからよく見えます。
南面
外観に深みを与える化粧梁。
外壁もそれに合わせて加工しました。

屋根:セキノ興産 立平ロック25型

外壁:(玄関)KMEW ネオロック・光セラ18 「セラトピア ミルフィータイル」ミルフィー チタン ベージュ
   (以外)KMEW エクセレージ・親水15 「スマッシュライン」シルクホワイト

樋:パナソニック サーフェスケアFS-Ⅰ型 60φ オークグレー

 

東面にこの建物を象徴する頬立てがついています。
大工さん手作りの巨大な木下地に、自社で加工した板金を巻いています。
南面は化粧で見えている梁に合わせて外壁を加工し、施工しています。
玄関の外壁材の貼り分けも美しく、各所にこだわりとセンスの良さが光る仕上がりとなりました。

ブログ:http://hiranokenzai.blog.fc2.com/blog-entry-116.html